自動車丸ごとラッピングフィルム

PR|ライブチャット|お小遣いNET|内職 アルバイト|FXシストレ|超SEO対策|GetMoney|JALカード|思い出救出・映像復活専門店のDR119|

 

ここ数年モーターショーなどで車体のボディにラッピングフィルムを貼った車両が多く見受けられるようになりました。

貼り方も様々でたくさんの種類のフィルムが多くあるようです。

その中でも代表的なのが、やはり住友3Mのラッピングフィルムでしょう。

1080シリーズとして車専用、屋外専用として開発されているために、ボディに貼るのにとても適しているようです。

その他のメーカーではHEXIS(ヘクシス)、Averyラッピングフィルム、ハセ・プロ、ARLON/SOTT、ORACAL(オラカル)

多くのメーカーがあります。ラッピング市場はまだ増えていくので今後の市場は更に拡大していくと思いいます。

 

メーカーごとに様々な特徴があり、一長一短がありますので、施工箇所によっておすすめのフィルムメーカーも変わってきます。

ラッピングフィルムの市場でかかせないのが「バスなどの宣伝にも使用されています」

フィルムに転写する技術もあり、好きな絵や柄を印刷してボディに施工されている方もいます。

「痛車」と呼ばれています。

好きなアニメや3次元の画像をフィルムに印刷して車に貼るマニアな方も多く日本では有名です。

自動車のパーツでは外装品から内装品まで多くのパーツに施工されています。こんなところにも???貼れる技術があればあらゆるところに施工が可能なのです。

試しに施工ショップも増えてきていますのでご相談してみるのも良いと思います。

私はトヨタのエスティマに乗っています。すでに10年以上、走行距離は10万Kmを超えています。
私は5人家族なので、ゆったり乗れるステーションワゴンを選びました。
その前に乗っていたのもエスティマでした。今の車はフルモデルチェンジしてすぐに買いましたので、一番初期のモデルです。
私は、フルモデルチェンジ直後の車を買うことにしています。マイナーチェンジされても、フロントグリルのデザインや内装等の変更であれば、基本同じ形です。
「同じ形だ」、と納得し、欲しくならないので、永く乗り続けることができます。
私は今の車の形は気に入っています。丸みを帯びた流線型で、カッコいいと思います。エスティマの現行モデルでも他の車種でも、今、欲しいと思う車はありません。
この車は本当に息の長い車です。10年以上フルモデルチェンジしない車も日本では少ないのではないでしょうか。
日本の自動車メーカーは、定期的にフルモデルチェンジすることで、消費者の購買意欲の向上を狙っているのだと思います。それに比べ、海外、特にヨーロッパのメーカーには自社のポリシーと言うか、一貫したデザインがあると思います。
ベンツ、BMW、ボルボなどがそうです。そういう車は古くなっても永く乗れるデザインだと感じます。

PR|カーラッピング施工店工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集