夏場の過酷な車内環境を大きく改善してくれるカーフィルム

 

真夏はカーフィルムで断熱防止を行います。
実は車の中の熱中症による報告が結構あり、車の暑さを軽視している傾向がある人は、一定数存在しています。ではそんな車の中の暑さ対策をどのように行えばいいのでしょうか?まず車の中のクーラーをつける方法があります。車の中のクーラーを付けて、だいたい20℃くらいに温度設定するのが望ましいと言われております。しかしクーラーをつけたとしても暑さが完全に抜けきるわけではありません。クーラーをつけるまえにまず車の中で熱い部分を水タオルで冷やすという方法を試してみてください。夏の暑い気温の中で、車の内部の様々な箇所で熱が発生しています。車の中が暑いのは密閉されているのもありますが、実は車の中が気温によって熱が発生しているためだとも言われております。ですので車でお出かけする際は、先ほどもいいましたが、水タオルを使って車の内部(ハンドルや窓など)をふくようにしてください。

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは去年の夏場の話となります。じぶんは現在では結婚を行っていて、妻と4歳になる子どもがおります。じつは知人の子どもが熱中症になってしまいました。命には別状はなかったのですが、それでもかなり危険な状態になってしまったということらしいです。それで自分たちも他人事ではないと思い、熱中症対策を行いました。自宅での熱中症対策、車内での熱中症対策などいろいろな熱中症対策をおこないました。車内の熱中症対策を紹介したいとおもいます。まずは塩熱サプリの設置です。車内ではクーラーなども完備をしているので、熱中症などにはなりにくい環境です。子どもを社内放置をおこなうこともありません。ですが、万が一のことを考えて塩熱サプリを設置させていただいております。塩分を摂取することで確実に熱中症を防ぐことができるからです。非常時には絶対に自分は役に立つのではないかと自分は思っております。カーフィルムを千葉県で施工ならアイアイシーがおすすめです。

愛車の窓は車内から外の状態や景色を眺めたり確認したりするのに大変重要な役割は果たしていますが、こちらから外がはっきり見えるという事は、逆に車の外からでも車内がバッチリ見えてしまう事の証明に他なりません。

またこうしたプライバシーの面だけでなく、窓はそのままの状態にしておくと外部からの太陽光を簡単に透過させてしまいますから、車内のシートを始めとしたインテリアが太陽光の紫外線や熱により早い段階で劣化してしまうリスクを高め、また特に日照が強まる夏季における車内の居住性を悪化させてしまいます。
これを防ぐには根本的な方法と後付けの方法の2パターンが存在します。1つは新車購入時からオプションにてスモーク付きの窓を導入し、太陽光をカットしつつプライバシーを守るという方法。そしてもう一方の後付けの方法が、カーフィルムを窓に貼り付けるというものです。
カーフィルムによる方法は、愛車の窓全周に薄い色付きの特殊なフィルムを貼り付ける事により外からの紫外線や熱をカットすると共に、車内を外から見え難い状態とし、プライバシーの保護にも大きく役立てる事が出来るのです。

また若干ではありますが、カーフィルムの膜が側面に振り掛かってくる細かな土砂から窓表面をガードしてくれるという効果も期待出来ます。
またこの方法は後から窓の表面にフィルムを貼り付けるというものですから、元々の窓のタイプに依らず施工が可能というのも大きなメリット。例えば新車購入時に経済的な余裕が無く、ノーマルの窓しか選択の余地が無かったとしても、その窓の表面にカーフィルムを新たに貼り付ける事により、オプションでスモークガラスをチョイスしたのと同等以上の効果が得られるという訳です。

カーフィルムは構造や施工も大変デリケートであり、個人の力で貼り付けるには精度の限界があります。隙間や皺一つ無い美しい仕上がりを何より望むのであれば、専門業者の施工技術に任せるのがベストと言えるでしょう。
専門業者であれば選べるカーフィルムの色やグレードもラインナップ豊富。また営業所で直接相談・依頼に愛車を持ち込める場合、それらの候補の中から気に入った幾つかのカーフィルムを実際に愛車の窓の一部に貼り付け、そのフィーリングを比較検討する事も出来るでしょう。

カーフィルムを貼った後の見え具合というのは想像以上に変わるもので、施工後いきなり視界が変化して戸惑わない為にも、試し貼りでその感覚に慣れておくというのは大変有意義であるに違いありません。

カーフィルムの貼り付けをいかに美しく仕上げるかに関しては、貼り付け直後の周辺環境を適切に管理するかが重要となってきます。適切な温湿度を保ったまま接着面を乾燥・固着させてあげる必要があるのです。

仕上げに自信のある専門業者は乾燥もこなせる専用の屋内ピットを用意しており、施工後はしばらくここに車を置き、カーフィルムを安定化させる事になるでしょう。もちろんすぐにカーフィルムが安定するという事は無く、その間は愛車が利用出来なくなるのは覚悟しなければなりません。
ただ多くの業者ではその間も利用出来る代車を用意しているので心配はありません。施工中は車利用のスケジュールを入れない事はもちろんですが、それでも緊急時はいつ何時訪れるか分かりません。代車があればこんな時でも安心なのです。

この様に専門業者と言えども、かなり入念な段取りの元施工しようやく仕上げられるのがカーフィルム。施工を依頼する際は愛車のスケジュールを十分に空ける必要がありますが、その結果として得られる車内環境は大変素晴らしいもの。特に真夏になれば、驚く程涼しく保たれている車内に強く感動する事でしょう。夏になると車の中が暑くなるのは、避けられない事実です。